サバゲー装備、電動ガン・エアガンは通販・サバゲ市場のガンショップFIRST

東京マルイオススメハンドガン特集


東京マルイ オススメハンドガン
サバイバルゲームや電動ガンに興味はあるけど、まずはハンドガンからというケースが多いかと思います。 最初に買ったエアガンは東京マルイのエアーコッキングハンドガンという方も多いのでは。 映画やゲームなどメディアに登場する銃の中でも「見た目が好きな銃」を選ぶのがベストですが、オススメは?と聞かれると 東京マルイのガスブローバックになります。
一昔前はプラスチック然とした仕上がりで、いかにもゲーム用といった位置付けでしたが 近年のマルイ製ガスブローバックは外観重視の他メーカーと比べても遜色のないリアルな仕上がりになっています。
安定した性能、手を出しやすい価格設定、流通量も多く、カスタムパーツも充実している。 初心者から上級者まで愛用者が多く、サバイバルゲームはもちろんコレクションとしても最適。
そんな東京マルイ製ガスブローバックの中からオススメの機種をピックアップしてご紹介!



 
  M9A1 G17 M1911A1 XDM-40
全長 216mm 186mm 218mm 203mm
重量 961g 703g 798g 745g
装弾数 26+1発 25+1発 26+1発 26+1発
 
  Px4 G18C StrikeWarrior DE.50AE
全長 192mm 186mm 205mm 270mm
重量 833g 704g 816g 1110g
装弾数 25+1発 25+1発 28+1発 26+1発
 
  HiCapa HK45 USPc M&P9
全長 222mm 204mm 173mm 194mm
重量 894g 782g 685g 620g
装弾数 31+1発 26+1発 23+1発 25+1発

■M9A1
言わずと知れた米軍制式採用拳銃。イタリアはピエトロ・ベレッタ社製で型番は92FS。
バリエーションやマイナーチェンジにより多数の型番が存在していますが、 トリガーガード前方の指掛けと厚いマガジン底を持つ92F以降は外観上の違いが余りないため、 大抵の場合は全てひっくるめて92Fと呼ばれます。
米軍での制式採用名はM9、アンダーマウント付きフレームの付いた改良型が「M9A1」になります。 ACUやマルチカムなど米軍装備に合わせるなら、まず間違いない選択肢!!
■Px4
イタリア ピエトロ・ベレッタ社のポリマーフレームオート。
8000クーガーの後継にあたり、大胆にも斜めにカットされたスライドやアンダーマウントレイルを装備した近未来的なスタイルで、 グリップ背面のバックストラップを交換する事が可能で非常に扱いやすいモデルとなっています。
直径15mm大口径ピストンカップにより鋭いブローバックが楽しめます。
■G17
今や世界中で使用されているポリマーフレームオートの先駆者。オーストリアのグロック社製。
オーストリア軍制式拳銃であるPi80の民間モデルがグロック17になります。
東京マルイのG17 Model 3rd Generationは、幾つかのマイナーチェンジが行われているグロック17の第3世代をモデルアップ。 大きな特徴としてフレームにアンダーマウントレイルとフィンガーチャンネルが追加されています。
欧米諸国のみならず中東や東欧のミリフォトでもその姿が確認できる、実銃・トイガン共に人気があるベストセラーモデルです。
■G18C
グロック17にフルオート機能を搭載、オーストリアの対テロ部隊に供給されています。
スライド上部のコンペンセイターから覗くマグナポートの開いたアウターバレルが外観上の大きな特徴で、 機能美然としたグロックのラインナップにおいて異色とも言える攻撃的な雰囲気を出しています。
ガスブローバックのマシンピストルという、いかにも楽しいアイテム。サバイバルゲームはもちろん、純粋にホビーとしてもオススメの一品です。



■Q.T.S
実銃でも定番となりつつあるショートストローク加工。
■CustomFrame
握れば解るその違い。新型テクスチャーのステッピングフレーム。
■Serration
人気商品だからこそ一目で分かる違いが欲しい。
■G-MAG
内部気化スペースのUPにより、安定した動作を。


■M1911A1
ガバメントの通称で親しまれ多くのファンを擁する、米国コルト社製大型自動拳銃。
1911年『M1911』の名前で米陸軍制式採用。1926年に操作性の点で細かな改修を加えられた物が『M1911A1』になります。
以後、1985年にM9にその座を譲るまでの実に半世紀以上の間、軍事大国アメリカの制式拳銃として活躍。 登場から一世紀を経た現在も、今なおカスタムモデルが特殊部隊などで現役サイドアームとして活躍しています。
軍用のみならず民間用としても抜群の人気を誇り、数えきれないほどのカスタムが存在する、一挺は手元に置いておきたい『定番』モデルです。
日本でも馴染は深く、戦後発足した自衛隊で米軍より供与されたM1911は11.4mm拳銃の名で呼ばれ、1982年のSIG SAUER P220採用まで使用され続ける事となる。 警察をはじめ、SPや皇宮警察でも使用された事からTVドラマや映画にも数多く登場する為、 往年のドラマファンがピストルと言えば大抵はM1911A1の事である。
■ストライクウォーリア
東京マルイオリジナルデザインのM1911ウォーリアシリーズ最新作。
その名の通りアラン・ジッタのストライクガンをイメージしたデザインになっています。
フルサイズのフレームにアンダーマウント、デトニクスのスライドとストライクフェイスのコンペンセイター。 なんともキメラ的な一品であるが、メカニカルなデザインのショートトリガーにアンビセフティ、 ラバーコートされたガナータイプグリップなどカスタムパーツも大盤振る舞い。
中でもマルイ純正としては初のマグウェルによるマグチェンジのしやすさは特筆モノ。 装弾数の少ない実銃で最も重要なテクニックの一つなだけに、中々その気にさせてくれる一挺に仕上がっています。
■XDM-40
原型はクロアチアのHSプロダクト社製 HS2000。米スプリングフィールド社によるアメリカ市場でのOEM製品がXDブランドになります。
ポリマーフレームに角ばったシルエットがグロックの後発商品として一見良くあるスタイルではあるものの、 アメリカでは馴染み深いグリップセーフティの採用や、攻撃的なデザインのセレーション、グロックに比べて低価格な事などから、アメリカ本国では非常に人気が高い。
M1911のコピーで培ったスプリングフィールド社のノウハウをつぎ込み、2009年のショットショーで発表されたカスタムモデル「XDM」から.40 S&W弾仕様をモデルアップ。
15mm口径の大口径ピストンカップを採用し、迫力のブローバックが味わえる一品です。
■Desert Eagle .50AE
イスラエルのIWI社(IMIから独立した小火器部門)とアメリカのマグナムリサーチ社が生産。
.357マグナム版、.44マグナム版を経て.50AE版で大型自動拳銃としての地位を確立。 S&W M500の使用弾薬の弾頭径0.492インチを上回り、拳銃用弾薬としては最大となる。
数多くのメディアに登場し、そのわかりやすい外観と強烈なキャラクター性からミリタリーファンのみならず指折りの人気銃となっています。
断面積で23%ボアアップされたシリンダー、8年間で熟成されたブローバックエンジンのノウハウをフィードバックした、クラス史上最強のリコイルショックを誇る人気機種です。


■HiCapa
ハイキャパとはHi-Capacityの略で装弾数が多い事を指します。 元々はPara Ordnance社の発売したハイキャパシティ コンバージョンキットの事で、ダブルスタック(複列)マガジンにより装弾数が14発になるという物でした。
マルイのハイキャパはSTIのM2011をイメージしたオリジナルデザイン。 シリーズ中屈指のガス容量で、安定した動作とハイキャパの名に恥じない装弾数を誇ります。 それまでのガスブローバックハンドガンとは一線を画す性能から、一時期は「勝ちに行くならハイキャパ」とまで言われた傑作です。
素性の良さからマッチガンとして選ばれる事も多く、カスタムパーツも沢山リリースされているので自分好みのチューンが可能。
■HK45
ラリー・ヴィッカーズがプロジェクトに参加した事で話題となったHK社の大型ハンドガン。 特殊部隊関係者が理想とするデューティーピストルとして設計された事から、SOCOM Mk23にも通ずるところの多いデザイン。 .45ACPを使用する大口径モデルながらバックストラップの交換により手の小さい射手でも握りやすいモデルになっている。
2007年のショットショーで公開、民間向けに発売れた後、サイレンサーを装備同コンパクトモデルがMk24としてSEALsに採用。DEVGRUの使用も確認されています。
■USPコンパクト
人気ドラマ「24」での使用により一躍有名となったUSP(Universal Self-loading Pistol)のコンパクトモデル。 HKのお膝元であるドイツではG36Cと共にドイツ警察及び法執行機関に制式採用されています。
左側のみのコントロールレバー(マニュアルセフティとデコッキング機能搭載)、ボブドハンマーという組み合わせのヴァリアント1をモデルアップ。 ライバルであるグロックとは異なり、ポリマーフレームながら旧来的なマニュアルセーフティや外装ハンマーを備えたメカニカルな外観でギュッと詰まった塊感が魅力。
■M&P9
S&WのベストセラーリボルバーM&Pの名を冠した最新ポリマーフレームピストル。 後発だけあって各社の良いトコロを積極的に取り入れた実用性重視のデザイン。 既にグロックが多く配備された状況でもDEAをはじめ多くの警察署で導入されており、クリス・コスタの使用により民間での人気も急上昇。
既に完熟の域に入った東京マルイのガスブローバックであるが、特筆すべきは620gという軽量さ。実銃も680gであり、警察官が毎日携帯しても負担にならないような設計思想をトイガンでも再現している。 走った時に腰のハンドガンが重いと感じた事がある人には是非一度試してほしい。 工具無しで交換可能なパームスウェルが三種類付属するので手の小さな女性にもオススメ!


サイトピクチャー比較
殆どの機種が3点のホワイトドットを採用する中で、M1911とDE.50AEの素気ないサイトが時代の古さを感じさせる。 と言っても、カスタムパーツに変更するという選択肢もあるので、実際のところ大きな差異は無いかも? ハンドガンに限らず照準を合わせる上で重要なのはフロントサイトで、シューティングシーンではフロントのみ集光アクリルというカスタムも多く見受けられます。



マガジンポーチについて
気に入ったハンドガンが見つかれば次はマガジンポーチも欲しくなる。
実物装備を選んだ場合もハンドガンポーチなら価格的にも手を出しやすい。
でもM9やM1911はハッキリ専用って書いてあるけど、それ以外は?

老舗にしてド定番のEagle製を例にとると
M9A1を含む92FシリーズとSIG P226の場合、M9用にピッタリ収まる。
M1911シリーズもS45/220用にピッタリ収まる。
残るG17、Px4、XDM-40であるが、これらのサイズは本当に微妙に違う。
・XDM-40のマガジン幅は約21.5mm。
 ツルツルのメッキ仕上げのおかげで、Eagleの9mm用にも収まるがキツイ。
 FirstSpearのG17/19用にはスカスカに近い。走れば落ちる事は必至。

・Px4のマガジン幅は約22.0mm。
 エッジの立ったデザインのため、Eagleの9mm用には正直かなりキツイ。
 FirstSpearのG17/19用にはちょっと緩いがまぁ我慢できるレベル。

・グロックシリーズのマガジン幅は約22.5mm。
 Eagleの9mm用には入りそうに無い。
 FirstSpearのG17/19用がジャストフィット。
単体ではスカスカでもバンジーコードを用いれば脱落の心配は無い。
バンジーコードでの保持を前提で言えば、92Fシリーズを含む殆どのマガジンをFirstSpearのG17/19用で運用出来る事になる。 もちろん従来のベルクロタイプであればFN5-7やDE.50AEなどの超大型でもない限り、サイズを問わない運用が可能。
その他にも様々なメーカーが色々なタイプのマガジンポーチをリリースしています。
■Ghost Gear
オーソドックスなベルクロタイプで殆どのマガジンが収容可能。
■Eagle Industries
迷ったらEagle。絶対に後悔しない品質を保証してくれる安心の老舗。
■First Spear
500Dの軽量な造りが現役兵士やタクティカルシーンで好評。
■Volk Tactical
日本の縫製技術に実物素材が融合。オリジナルアイテムも魅力的!


W-tap
FIRST併設のインドアフィールド W-tapなら気軽にインドア戦が楽しめます。
レンタルガンも多数用意しているので、実際に触ってみて自分の好みを確かめてみて下さい!!






Item Detail Search

より細かくアイテムを絞り込む場合は、こちらの詳細検索をご利用ください。



Category



Usable Credit Cards

FIRST ON WEB!では、下記クレジットカード各種がご利用いただけます。

UFJ Nicos diners master amex jcb orico visa


注目のスタッフオススメ品
【アウトレット特価】70168-621 OR フィンガーレス オーバーロードグローブ FG Mサイズ

【アウトレット特価】70168-621 OR フィンガーレス オーバーロードグローブ FG Mサイズ

  • OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)
  • メーカ希望小売価格:
    ¥25,800(税抜)
  • Web価格:
    ¥22,963(税抜)
    10% OFF
  • 在庫あり
【アウトレット特価】Phantom ホルスター XDM対応 BK 右 OWB1.75

【アウトレット特価】Phantom ホルスター XDM対応 BK 右 OWB1.75

  • RAVEN CONCEALMENT SYSTEMS(レイヴン コンシールメント システムズ)
  • Web価格:
    ¥16,481(税抜)
  • 在庫あり
【アウトレット特価】70164-014 OR オーバーロードグローブ ショート CT Lサイズ

【アウトレット特価】70164-014 OR オーバーロードグローブ ショート CT Lサイズ

  • OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)
  • メーカ希望小売価格:
    ¥23,500(税抜)
  • Web価格:
    ¥12,481(税抜)
    46% OFF
  • 在庫あり
【アウトレット特価】Phantom ホルスター M&P9対応 ショートシールドVer CT 右 OWB1.75

【アウトレット特価】Phantom ホルスター M&P9対応 ショートシールドVer CT 右 OWB1.75

  • RAVEN CONCEALMENT SYSTEMS(レイヴン コンシールメント システムズ)
  • Web価格:
    ¥13,704(税抜)
  • 在庫なし。
    完売いたしました
【アウトレット特価】72290-111 OR ファイヤーマークグローブ BK Mサイズ

【アウトレット特価】72290-111 OR ファイヤーマークグローブ BK Mサイズ

  • OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)
  • メーカ希望小売価格:
    ¥13,400(税抜)
  • Web価格:
    ¥7,630(税抜)
    43% OFF
  • 在庫あり
【アウトレット特価】Phantom ホルスター M9対応 BK 右 OWB1.75

【アウトレット特価】Phantom ホルスター M9対応 BK 右 OWB1.75

  • RAVEN CONCEALMENT SYSTEMS(レイヴン コンシールメント システムズ)
  • Web価格:
    ¥11,852(税抜)
  • 在庫あり
【アウトレット特価】70066-111 OR アセットグローブ BK Mサイズ

【アウトレット特価】70066-111 OR アセットグローブ BK Mサイズ

  • OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)
  • メーカ希望小売価格:
    ¥8,800(税抜)
  • Web価格:
    ¥5,944(税抜)
    32% OFF
  • 在庫あり