サバイバルゲームはゴーグルで変わる!!

ゴーグルであなたの戦闘能力は益々アップする!!
FIRST ON WEB!のTOPページに戻る。

■ゴーグルの基礎知識

               何はともあれ大切なのだ!!
 トイガンを楽しむ方の多くは「サバイバルゲーム」も同時に楽しんでいるケースが多いのですが、サバイバルゲームに参加しようとすれば「必ず」必要になるのがゴーグルです。
 極端な話、電動ガンやガスガン…つまり撃つ為の道具を持っていなくても、サバイバルゲーム自体には参加できますが、ゴーグルを装着していないと参加そのものが不可能なのです。たとえどれだけ豪華な装備を身に纏っていても…です。

 身体のどの部分にBB弾が当たっても、今後の人生にとって大きな障害になるようなアクシデントは考えにくいのですが、目だけは例外です。「オレはサバゲが大好きだから目が潰れても後悔しない!」なんて人はいないとは思いますが、よく考えてみてください…アナタが他人の目を潰して失明させてしまう事を。
 「目が潰れてはいけない」ではなく、「目を潰させてはいけない」ということなのです。

 なんだか、重い話になってしまいましたが、サバイバルゲームを行う上で、「目を護る事」はそれだけ重要な事なのです。
 逆に言えば、目さえ護っていれば多少の事は我慢できるというのも実際のところです。

 しっかりとした確実なツールで、サバイバルゲームを楽しみましょう。
               ゴーグルの種類について
 一口にゴーグルといっても色んな種類があります。一つだけ注意しなければいけない点は、「保護能力のないゴーグルは、掛けても意味がない」ということです。
 ホームセンターなどで売っている防塵ゴーグルや米軍のダストゴーグル、スキー用の一部のゴーグルなどは、ゴミ等の侵入を防ぐ事は出来ても、BB弾を防ぐ事は出来ません。

 レンズタイプのゴーグルには一般的にポリカーボネイトのレンズが使われています。ポリカーボネイトは、ポリ炭酸エステル型構造を有する樹脂の総称で、理論上は多くの樹脂がありますが、普通ポリカーボネイトといえばビスフェノールAから製造したものをさし、 強度は同厚ガラスの約200倍。割れ難さは他の樹脂に比べ抜き出た強靭さを誇ります。

 一般的にサバイバルゲーム用として認められているものはレンズ厚が1.0mm〜1.5mm以上のものになります。

 それでは、サバイバルゲームでよく使われるゴーグルを見てみましょう。

1:シューティンググラス
 ポリカーボネイト製レンズで正面からの強度は十二分にありますが、顔とのフィッティングが人によって異なる為、上下左右に隙間ができる事が多いようです。シューティングの際には、ターゲットから跳ね返るBB弾から目を護るのに有効ですが、サバイバルゲームでは装着禁止とされている場合も多いようです。

2:メッシュゴーグル
「曇らない」という最大の特徴で、15年以上の歴史を持ちますが、最近ではゴーグル自体が曇りにくいものが多くなり活躍の場を失いつつあります。また、粗悪なBB弾がメッシュ面で割れてしまいゴーグル内部に破片が飛び込む事例も報告されており、正直なところ余り使いたくありません。雨の日には便利な反面、視界は暗くなってしまい、動いていないものが動いたように見えることもあります。(経験済みです・笑)

3:曇り止めレンズタイプゴーグル
曇り止め加工の施された1枚もののポリカーボネイトレンズを使用したもの。強度的にも問題はないものの、やはり「曇る」のは避けられません。

4:ミリタリー系バリスティックゴーグル
服装に合わせるには最高のミリタリー系ゴーグルは強度面でも安心ですが、同一のメーカーでもモデルによっては防塵用のものもあり、BB弾を防げないものもあるので注意が必要です。また、フェイスガードがありませんので、レギュレーションによっては使用できない場合もありますし、顔面へのHITには覚悟が必要です。(個人的にはフェイスガード無しの人に向けて撃ちたくありません…)

5:サバゲ用フルフェイスタイプ
もともとはペイントボールや他のエクストリームスポーツ用のものである場合もあるのですが、プロテクションやフィット感は最も優れているといえます。視野も広く、安心してサバゲを楽しむ事が出来ますが、唯一の難点はストックへの頬付けのしにくさでしょうか…
ただ、最近の銃の構えのトレンドでは、ストックに頬付けしないスタイルが実際の特殊部隊でも推奨されている事もあり、スナイパーの方を除けば、ほぼ気にならないと思います。最前線のアタッカーには最もオススメです。
サバイバルゲーム用ゴーグル各種

  1:シューティンググラス

  2:メッシュゴーグル

  3:曇り止めレンズタイプゴーグル


  4:ミリタリー系バリスティックゴーグル

  5:サバゲ用フルフェイスタイプ

               ゴーグルが曇る仕組み
 一定量の空気中に含むことのできる水蒸気の量には限りがあります。1立方メートル中に含むことができる水蒸気の量をグラムで表したものが「飽和水蒸気量」です。(…だったと思います)
 「飽和水蒸気量」は、空気の温度によって変化します。右のグラフにもありますように、10度の空気中には約10gくらいの水蒸気しか含むことが出来ませんが、35度くらいになると40gもの水蒸気を含むことが出来ます。

 冬の夜によくある現象ですが、温められた室内と寒い外気との温度差で室内の壁や窓がビショビショになってしまうことがあります。暖かく湿気を多く含んだ空気は、冷たいものに触れることで「飽和水蒸気量」の限界を超え「水滴」になってしまいます。
 水蒸気が飽和してしまう温度の事を「露点」と言います。

曇ったグラス  ゴーグル内には体温と発汗によって暖かく湿った空気が溜まります。
 その空気中の水蒸気が、レンズを伝わった冷たい外気温によってレンズ内面で結露し、結果として「曇り」という現象が発生します。
飽和水蒸気量グラフ

               曇らない工夫!サーマルレンズ
 レンズを曇りにくくする工夫に「サーマルレンズ」というものがあります。二層構造のレンズが内規と外気の温度差を直接伝達しないようにしてあるので、ゴーグル内の「露点」を引き下げないようになっています。

 体温で温められたゴーグル内の空気は、ゴーグル内よりも低い外気温がレンズ面から伝わったことにより、レンズ内面の近くで「露点」が引き下げられます。
 レンズの外の温度をレンズ内面に影響させない為には、レンズを二層構造とし、その間にある空気により熱の伝達を遮断する事が必要となります。これがサーマルレンズの仕組みです。

 マイナス50度の空を飛ぶ航空機の窓の内面が曇りにくくなっているのも、これと同じ仕組みです。
サーマルレンズと通常のレンズの違い

               視野角の違いとその効果
 人間の視野は動物の中で最も両目で見える範囲が広くモノを立体的に捉えることが可能になっています。他の動物に比べると視野は狭いのですが、それでも左右200度位は見えるようになっています。
 そうです、左右の真横よりも後の部分も、少しではあるものの視野の中には入っているのです。(※図1)

 サバイバルゲームをする際には、実はこの部分は非常に重要です。あなたはサバイバルゲームをする時に一点だけを一生懸命注視していませんか? 正面に注視しすぎると側面の見えないところからの敵にGETされることが多くなってしまいます。かといって左右を見るのに首自体をグルグル動かすと、目立ってしまうこと間違い無し。
 膠着した戦況の中、動くものを素早く発見するには、どこにも注意を払わずに視野全体を「力を抜いて」見ることです。流れ星を見るときの要領と同じですね。

 昔からあるタイプのゴーグルは、顔の正面から垂直に囲いがなされ、本来視野に含まれている範囲が、壁によって遮られてしまいます。(※図2)また、サイドを見るためにレンズを極端に曲げてしまっているものは、その部分が歪んでしまいクリアーな視界を得る事が出来ません。
 レンズがサイドまで緩やかな曲面で回りこんでいるタイプは、視界のひずみも少なく自分の視野全てをカバーする事が出来ます。(※図3)

 JT等のゴーグルは260度という広い範囲の視野を確保できると謳われていますが、このくらいの広さがあれば、限界まで横目にした時に初めて側面の壁の内側が見えるくらいです。そうなのです、人間の視野角は約200度ですが、「横目」を使って視線を動かす事を考えると、これくらいの視野は必要になってくるのです。
ゴーグルの視野角

               良いゴーグルとは?
 これまではレンズにばかり目を向けてきましたが、良いゴーグルの条件はこれだけではありません。総合的に「良いゴーグル」とはどんなものでしょう?

1:視野が広く曇りにくい
レンズの重要性に関しては先に述べた通りです。最近のサバゲ専用ゴーグルやミリタリーモデルのバリスティックゴーグルならこの要素はクリアできるでしょう。

2:レンズにキズがつきにくい
アンチスクラッチ加工が施されているものなら、レンズ表面のキズを防ぐ事が可能です。ただし、内面はデリケートですので硬い布等でガシガシ拭いたりしないように注意してください。

3:ストラップがしっかりしている
装着時に重要なのがストラップ(バンド)です。幅広でしっかりしているものが良いでしょう。バンド自体にシリコンゴムが練り込まれているようなタイプであれば、へたってしまう事も無くズレ落ちにくいので装着感のみならず安全面においてもオススメできます。

4:ブレスプロテクションがしっかりしている
サバゲで走った後の「ハァハァ」の息がゴーグル内に入り込むと、一気に「曇」りの原因になってしまいます。吐いた息がゴーグル内に入り込まないような工夫がされている事が重要です。

5:軽量であること
重いものを長時間被っているとやはり疲れてしまいます。重量は安いものほど軽量ですが、同時に防護能力も低下してしまいます。ただし、装着感が良くしっかりしているものは体感重量が低めでもあり、ジャンプをしてもズレ落ちたりはしません。

6:コストパフォーマンスに優れている事
どれだけ性能が良くても手の出ないような高価なものでは意味がありません。ミリタリー系のゴーグルはブランド的な要素もあり比較的高価ですが、満足感は非常に高いといえるでしょう。最近ではJTゴーグルもぐっと身近な価格帯になったことで、普及率がドンドン高まっています。


 さぁ、皆さん!自分にピッタリのゴーグルを見つけましょう。あなたの戦闘能力は2倍にも3倍にも跳ね上がります!


■ ゴーグルメーカー名鑑

 ◆ Bolle (ボレー)
Bolleの商品ラインナップはこちらです  特殊部隊でも定番となっているフランス製のタクティカルゴーグル。
 特に写真のX-800の人気が高い。
強度・耐久性 ★★☆☆
視野の広さ ★★
装着感 ★★☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆
 ◆ ESS
ESSの商品ラインナップはこちらです  機能性が高く、特殊部隊にどんどん配備されている注目のメーカー。
 ファン付モデルなどもある。
強度・耐久性 ★★
視野の広さ ★★
装着感 ★★
コストパフォーマンス ☆☆☆
 ◆ サンセイ
サンセイの商品ラインナップはこちらです  日本のサバゲ用ゴーグルのパイオニア。ゴーグルといえば写真のモデルを思い浮かべる人は多いだろう。
強度・耐久性 ★★☆☆☆
視野の広さ ★★☆☆
装着感 ☆☆
コストパフォーマンス
 ◆ JT
JTの商品ラインナップはこちらです  モトクロス等のエクストリームスポーツ用のゴーグルを手掛けるメーカー。サバゲ専用モデルで一切の不安無し!
強度・耐久性 ★★
視野の広さ ★★
装着感 ★★☆☆
コストパフォーマンス ☆☆
 ◆ SATELLITE
サテライトの商品ラインアップはこちらです  LayLaxの中のサバゲグッズ専門ブランド。国内超有名ゴーグルメーカーとの共同開発で実力は非常に高い。
強度・耐久性 ★★☆☆
視野の広さ ★★
装着感 ★★☆☆
コストパフォーマンス
 ◆ TWISTER
ツイスターの商品ラインナップはこちらです  頭までガードされたエクストリームスポーツ用のゴーグル。
 接近戦が多い場合は
コレ!
強度・耐久性 ★★☆☆
視野の広さ ★★
装着感 ★★☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆

※上記の★マークの点数は、あくまでFIRST ON WEB!の視点から見たものです


TOPページ 商品検索 商品詳細検索 アクセスマップ 店舗のご案内 新製品ご予約情報 新製品発売情報
エアガンとは サバイバルゲーム入門1234 エアガンFAQ 各種サイズ適合表 サバイバルゲーム情報 フィールドマップ
FIRST月間スケジュール ナイトマスター スナコン GIナイト 京都店情報 激震祭 一品堂 放出堂 サバゲッチュ
カスタムガン カスタム適合表 カスタム電動ガン カスタムAPS カスタム実力チェック 持込カスタム カスタム持込の手順12
S-SYSTEM オーガイーター ハイキャパ5.1 インパルス VSR-10 VSR10カスタム12 ハイサイクルバージョンアップ
外装コンプリート一覧 [M16][G3][MP5][G36][P-90][AUG][AK] PSG-1 HKブーツ ゴーグル URA-FIRST
中古オークション メンバーカード12345 ご利用ガイド 商品お届けに関して 個人情報に関して 会社概要

ガン&サープラス プロショップ ファースト
〒577-0012 大阪府東大阪市 長田東5-1-3 通販ダイヤル/ 06-6743-2369
FIRST ON WEB! 専用ダイアル/ 06-6743-2373 中古ガン専用ダイヤル/ 06-6743-1880
FAX/ 06-6743-2381 店頭直通ダイアル/ 06-6745-3331
営業時間/年中無休 正午12:00〜午後10:00まで(日、祝日前は店頭のみ深夜12時まで営業)

質問はお電話またはメールにて受け付けいたします。
※メールでのお問い合わせには返答にお時間を頂くことがございます。ご了承ください